2005年12月18日

Movable Typeのインストール

Movable Type 3.2日本語版をインストールしました。
サイトにあるマニュアルの通りにインストールするとうまくいかなかったのでメモしておきます。

使用するデータベースは作っておく事


MySQLではあらかじめ使用するデータベースを作成しておきましょう。自動的に作成はしてくれません。データベース内のテーブル等は作成してくれます。PostgreSQLも同様です。SQLite、BerkeleyDBでは公開されない場所にデータベースディレクトリを作成しておきましょう。

mt-static以下のファイルはcgi-binには置かない事


ダウンロードしたファイルを解凍すると、mt-staticディレクトリがありますが、これをそのままcgi-binにコピーしてもうまくいきません。cgi-bin以下のファイルは実行可能なスクリプトファイルしか置かないのが普通ではないかと思います。なので、ここにcssやimageやjsファイルを置いてもアクセスできなくて、次の項目のインストールの途中で「インストール中です」と表示されたまま先に進まなくなります。例えばhttp://www.example.com/mt-static/としてアクセスできる場所に移動しましょう。また、mt-config.cgiのStaticWebPathをhttp://www.example.com/mt-static/と修正しましょう。

最後はttp://www.example.com/cgi-bin/mt/index.htmlではなく、http://www.example.com/cgi-bin/mt/mt.cgiにアクセスする事

上記項目にあるように、普通、cgi-binの下にあるただのhtmlファイルにアクセスしようとするとエラーになると思います。index.htmlにはmt.cgiへのリンクが書いてあるだけなので直接mt.cgiにアクセスしてしまいましょう。Apacheのcgi-binの設定をいじるより簡単で安全です。上記項目の設定がうまくいっていないと、mt.cgiの画面がスタイルシート等が反映されていない表示になります。そこでインストールボタンをクリックしても、インストール中ですのまま、先に進みません。スタイルシートが反映されている画面でインストールボタンをクリックすると、プログレスバーが表示され、進行状態が表示されます。先に進まないときはhttp://www.example.com/mt-static/js/tc/client.jsなどmt-staticの下のファイルにアクセスできるか試してみましょう。

デフォルトユーザ

ユーザ:Melody、パスワード:Nelson でログインします。このユーザが管理者になっているので、ユーザ名、パスワードを変更します。変更しないとデフォルトのユーザ、パスワードがMelody/Nelsonと知っている人は何でもできちゃいますからね。


posted by ほえ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Movable Type | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。