2006年05月28日

ビデオキャプチャ

これはVideo for Windowsなのでしょう。VB6の場合です。昔の話。
lcvhWnd = capCreateCaptureWindow("Capture Window", WS_CHILD Or WS_VISIBLE, 308, 38, 160, 120, Form1.hwnd, 0)
'キャプチャ ドライバを常駐する
ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_DRIVER_CONNECT, 0, 0)
If ret = True Then
MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
End If

'ハードウェアオーバーレイが利用できる場合
'ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_SET_OVERLAY, 1, 0)
'If ret = True Then
' MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
'End If

'
'ハードウェアオーバーレイを使用せずにプレビューを利用する場合
ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_SET_PREVIEW, 1, 0)
If ret = True Then
MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
End If
'フレームレート設定(これをやらないと静止画になっちゃいます)
ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_SET_PREVIEWRATE, 30, 0)
If ret = True Then
MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
End If
'キャプチャサイズと表示エリアのサイズが違うときぴったり収まるようにします
ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_SET_SCALE, 1, 0)
If ret = True Then
MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
End If
こんな感じでした。
MSDNを見るときはグラフィックおよびマルチメディア->Windowsマルチメディアを見ましょう。
posted by ほえ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18514513
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。