2007年01月25日

サービスの自動起動の件

apacheなどソースからインストールした時、システム起動時に起動させるには?とか
/etc/rc.confにxxxx_enable="YES"って書かなくてもいいの?とか、
portsからインストールしたら起動スクリプトって.shは付けないの?とか
思ったのでちょっと英語版のハンドブックを見てみました。


・簡単な起動スクリプトを作成する方法

/usr/local/etc/rc.dに置く。
拡張子.shを付ける。
chmod 755 で実行件を付ける。
startとstop コマンドラインオプションを受け取る事。

・他のサービスが起動した後に起動するなどのちょっと面倒くさい方法
/etc/rc.subrを使うとこのスクリプトの中でstartとかstopの処理もしてくれます。
で、これを使う時に、例の/etc/rc.dに
xxxx_enable="YES"
と書くのです。

・inetdを使う
これはPOPとかで使います。これは、まあ、おいておいて。

・cronを使う
日付の指定に@rebootを使うと、起動時にコマンドを実行できるようです。

こんな感じで。英語版のハンドブック読まないとダメですね。

posted by ほえ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | FreeBSD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。