2013年12月20日

chromeで英語のページで、フォントが汚くて読むのがつらい

C:\Users\your_name\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\User StyleSheets\custom.css
にこんな風に書く。

*{
font-family:"Meiryo UI" !important;
/* font-family:"Times New Roman" !important; /*

}


とりあえずメイリオで。
posted by ほえ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

Chromeのデフォルトフォント

標準:MS Pゴシック
Serif:MS P明朝
Sans Serif:MS Pゴシック
固定幅:MS ゴシック
posted by ほえ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

epsはWordで見られる件

epsファイルを見るのに、IlustratorやPhotoshopが無いと…と思っていましたが、Wordで普通に図の挿入を行うと、見られる!という事を知りましたのでメモしておきます。
posted by ほえ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

Windowsの起動が早くなったでござる

WindowsXPですが、起動があんまりにも遅いので、
soluto http://www.soluto.com/を使ってしらべたら5分半もかかっていました。遅いなぁとおもいつつも、どうしようもないのであきらめました。

先日ファイルの削除ができなくって、この記事 http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/306openfiles/openfiles.htmlを読んで、openfilesコマンドでファイルを使用中のプログラムを確認しました。
以前にもopenfilesコマンドで調べた事があって、

C:\>openfiles /local on

をやっていたわけです。
で、その後ずーっとそのままに、なっていたのでふと

C:\>openfiles /local off

にしたら、起動時間が3分半に減りました!やたー!!

システムのパフォーマンスが低下する可能性がある

と書いてあったのにそのままにしていてごめんなさい。

posted by ほえ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

コマンドプロンプトからphp_manual_ja.chmファイルを開く件


D:\man>hh php_manual_ja.chm ::/ja/function.array-diff.html

で、array_diff()のページが開くんだ!
知らなかった!!
posted by ほえ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

Active Directoryのドメインコントローラを確認する


c:\>nslookup
>set q=srv
>_ldap._tcp.dc._msdcs.ActiveDirectoryDomainName
Server: [192.168.xxx.yyy]
Address: 192.168.xxx.yyy

_ldap._tcp.dc._msdcs.ActiveDirectoryDomainName SRV service location:
priority = 0
weight = 100
port = 389
svr hostname = dc1.ActiveDirectoryDomainName
_ldap._tcp.dc._msdcs.ActiveDirectoryDomainName SRV service location:
priority = 0
weight = 100
port = 389
svr hostname = dc2.ActiveDirectoryDomainName
_ldap._tcp.dc._msdcs.ActiveDirectoryDomainName SRV service location:
priority = 0
weight = 100
port = 389
svr hostname = dc3.ActiveDirectoryDomainName
dc1.ActiveDirectoryDomainName internet address = 192.168.xxx.yy
dc3.ActiveDirectoryDomainName internet address = 192.168.xxx.zz
>

posted by ほえ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

Windows Server 2003 R2 にSP2をインストールしたら、Vistaからの共有フォルダへのアクセスが異常に遅くなった件

むきー!
Windows Server 2003 R2にSP2をインストールした男がいたんですよ。
なーにー?
そしたら、VistaのPCからそのサーバの共有フォルダを表示するだけで10何秒。
そのなかのフォルダを右クリックしたら数十秒。
コピーしてきたら480MBで17時間かかったんですよ。
やっちまったなー!

なんだかさっぱりわからず、いろいろ検索してみてもそれらしい情報は見つからず。
英語で検索したらこんなところが。
http://www.eggheadcafe.com/software/aspnet/29913036/slow-vista-browsing-netwo.aspx

で、結局どうしたかというと、サーバ側でwindows updateで更新したら直りました。
ファイルのコピーは2分程度になりましたとさ。
windows updateのどれが該当するのかは、まとめて28個くらいあてちまったので、わからないんですよ。

男はだまってwindows update。

ひどい。

みんな困ってないのかしら?Vista使われてないって事かしら?
SP2はサーバにメディアで付いてきたんですけどね。
posted by ほえ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

自動ログインの設定は

コマンドプロンプトで

control userpasswords2



userpassword2ではなくて、userpasswords2。複数形なのね。
XPでも、VISTAでも。
posted by ほえ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

最近firefoxが更新されて…

自動的に更新されたわけですが、なぜかbookmarkがだいぶ前の状態にもどってしまった。
たぶん半年前以上の状態に。
firefoxとアドオンも更新しちゃったから何が原因かわからない。
バージョンも何から何に変わったのか覚えてないなぁ。
bookmarkしていたのは良く使うURLだけだったからなんだったか覚えていないという事はないから、もう一度登録しなおすだけなんだけど、なぜかやるきがでなくて、手で直打ちしてる状態のまま、約1週間。

ちょっと検索してみたけど他に同じ状況になっている人はいないみたいだなぁ。どうやって検索するかよくわかんないけど。
posted by ほえ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

Vistaのバーチャルストアにやられた件

Vista知らないので、バーチャルストアにやられました。

そうだったんだ。
apacheデフォルトでインストールして、htdocsの下にファイルコピーしたのに!!って事がありました。

参考:マイコミジャーナル Windowsスマートチューニング「Vista編: レジストリ&ファイルシステムの仮想化を無効にする」
posted by ほえ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

visataで

UACを切ったらすごく快適になった!
explorer /e, /root, c:\xxx
で新規フォルダ作成すると、F5しないと作成したフォルダが出てこないのは、ひじょーにいただけないけどな!!
posted by ほえ at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

今度はJPが出てきた!

キーボードが表示されなくなったと思ったら、今度は「JP」が出てくるようになっちゃった!
何も変えてないのに!!
jp.png

わはははは。削除してやった!!
en.png
ここの「インストールされているサービス」に英語があったから削除してやった。出なくなったぞぅ!

jp2.png

わははははは!
posted by ほえ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

タスクバーのIMEのキーボードを表示したくなーい!の件

言語バーをデスクトップに表示しているとうっとうしいので、タスクバーに入れてしまっています。
そうすると、タスクバーにIMEを表示しないと現在日本語入力なのかどうなのかわかりません。「あ」とか出てないと。
でもその左側にキーボードが出てしまう事があります。
さらに、いくつかのウィンドウを開いたり閉じたりいろいろ作業をしていると、いつのまにか言語バーの領域が小さくなって、タスクトレイにだいじな「あ」が隠れてしまって、日本語入力なのかわからなくなってしまう事がよくあります。
言語バーの上で右クリックして「言語バンドの位置調整」とすると「あ」が出てきてくれるのですが、いちいちめんどくさいです。

ですのでキーボードを表示したくない!のですがどこでその設定をするのか探しても見つかりませんでした。

今日までは。

見つけましたよ!これで「あ」がお隠れにならなくなって快適になるに違いありません!!
ime_keyboard.png
posted by ほえ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

パスをドライブに!

コマンドプロンプトで
subst x: "C:\Documents and Settings\hoehoe"

とすると、仮想ドライブXができて、そのルートがC:\Documents and Settings\hoehoeになります。たまに便利かもしれません。

現在のフォルダをドライブYにするには
subst y: "%cd%"

でできます。フォルダにスペースが入っていなければ""で括らなくても大丈夫です。

仮想ドライブを削除(解除)したければ、
subst y: /d

で。

posted by ほえ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

タスクバーで点滅するのはやめてくれ!

アプリケーションを複数立ち上げていると、今使っているアプリケーション以外のアプリケーションのタスクバーにあるアイコンが点滅したりします。
無視すればいいんですけど、「見て〜見て〜〜」と強烈にアピールされるので、一度アクティブにしてもとのアプリケーションに戻るなんて事をしてました。

レジストリをいじれば点滅しなくなるらしいので、やってみます。
HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop

にある、
ForegroundLockTimeout
の値を0にすればよいようです。

元々の値は10進で200000位だったような…忘れました;;

これはいいですね。

2007/12/19追記

これ、うまくいかないみたい…。
何か勘違いしてるのかなぁ。
posted by ほえ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

文字コード表の件


moji_code.jpg
Windowsのアクセサリ「文字コード表」に表示されるコードは、「UTF-16(SJIS)」という事だったのですね。


moji_code_up.jpg
「道」の場合、U+9053(0x93B9)になってますから、UTF-16のコードが9053で、SJISのコードが0x93B9なのですね。
見方が全然わからなかったです。

ちなみに「道」のUTF-8のコードはE98193です。ほんとはコレが知りたかったのでした。

posted by ほえ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

ショートカットのフォルダ表示が気に入らない件 その2

先日のショートカットのフォルダ表示が気に入らない件で、気に入るようになりました。
エクスプローラのショートカットをクイック起動に登録していて、頻繁に使うのですが、開いた先が「マイ ドキュメント」なのが気に入りません。マイ ドキュメントは全然使わないので、マイコンピュータ->Cドライブと毎回たどっていくのが、全然気に入らなかったわけです。

ここもフォルダ表示を気に入るようにショートカットのプロパティを変更してしまいましょう!とショートカットを右クリックしてプロパティで開いた「リンク先」を次のようにして見ました。
%SystemRoot%\explorer.exe /e

よしよし。めでたし。と思いきや、常にウィンドウが最大化で開いてしまいます。
これも気に入らない!といろいろやってみたところ
explorer.exe /e,

とカンマを後ろにつけなければなりません。

explorer.exe /e,c:\

とすれば、C:\から開くのでこれでいいのですが、「c:\」をつけなければ、「マイコンピュータ」から開くという、いろいろなドライブにアクセスするには、とてもよい状態になるのでした。


posted by ほえ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

ショートカットのフォルダ表示が気に入らない件

デスクトップにフォルダのショートカットを作る事がよくありますが、そのショートカットをダブルクリックして開いても、エクスプローラの左側が「ファイルとフォルダのタスク」なんてなっていて、フォルダボタンを押さないとフォルダ一覧が表示されないのがストレスになっている最近。
ショートカットをダブルクリックしたら、フォルダ一覧つきのエクスプローラを開くのに、こんなにしてみました。
%SystemRoot%\explorer.exe /e,"C:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocs"


  • ショートカットを作るのが手間になる

  • 開くのが遅くなる


というデメリットもありますが、これが気に入りました。

posted by ほえ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

またしても壊れたHDDを修復する件。dskprobe編。

この夏の暑さで、HDDが読めなくなりました。読めなくなったHDDは、1台だけではなかったのです。
前回、起動しなくなったHDDを、HDD Regeneratorで無事復旧しましたが、今回はまた違った様子です。
BIOSでは認識されるのですが、マイコンピュータに出てきません。
ディスクの管理でみると、赤丸に白の横棒のマークが出ています。ていうか進入禁止?
ディスクの再アクティブ化をしてみても、「操作は完了しませんでした。エラーの詳細については、システムイベントログを確認してください。」との事。イベントログを見れば、「内部エラー - ディスク グループに有効な構成コピーが含まれていません (C10000B6)。」ですと。
前のHDDはIDE、今回はS-ATAです。前回も書きましたが、ややこしいPCの構成により、FDD付のPCにはS-ATAのインターフェースがないので、HDD Regeneratorが使えません。
そこでいろいろ調べてみると、サポート技術情報に何やらツールの情報がありました。
「Windows Support Tools」に入っているツールで何やらが調べられるらしいです。MBRとか。で、見てみてもさっぱりわかりません。
さらに調べると同じような症状で悩んでいるような人がいらっしゃいます(ITAYA's Home Page)。そこで回答にあった、「MBRのシステムIDを書き換える」という方法を試してみました。さっきダウンロードしてきたツール類のなかのdskprobe.exeをつかって、システムIDを0x47から0x07に変更。PCを再起動したら、おぉ、やりましたよ。DISKを認識してくれています。さらに必要なファイルのバックアップもとれるではありませんか!!すばらしいです!!
先ほどのサポート情報ページに、dskprobe.exeの使い方と、どこにシステムIDがあるかという事が書いてありました。このページと現象・原因は違うのですが、情報は使えます。やった手順を簡単にまとめておきます。

1.Drive」→「Physical Drive」 をクリックし、いじりたい物理ドライブをダブルクリックします。ここでダブルクリックしないといけないのがポイントです。今回はHDD1でした。HDD0はシステムが入っている起動ディスクでした。
2.同じ画面の「Handle 0」 の「Read Only」のチェックをはずします。
3.「Set Active」をクリックします。
4. 「Sectors」→「Read」で、セクタ0かた1セクタ読み込みます。
これが、MBR内のパーティション テーブルだそうです。
各エントリは、
・シリンダ(Cylinder)
・ヘッド(Head)
・セクタ(Sector)-(CHS)
・System ID(XX)
を持っています。
000001A0: .....
000001B0: 00 00 00 00 00 00 00 00 - 00 00 00 00 00 00 80 01
000001C0: 01 00 XX 10 7D ED 3D 00 - 00 00 D9 D0 07 00 00 00
000001D0: 00 00 XX 00 00 00 00 00 - 00 00 00 00 00 00 00 00
000001E0: 00 00 XX 00 00 00 00 00 - 00 00 00 00 00 00 00 00
000001F0: 00 00 XX 00 00 00 00 00 - 00 00 00 00 00 00 55 AA
パーティション1は0x01BEから開始します。システムIDバイトは0x01C2にあります。
パーティション2は0x01CEから開始します。システムIDバイトは0x01D2にあります。
パーティション3は0x01DEから開始します。システムIDバイトは0x01E2にあります。
パーティション4は0x01EEから開始します。システムIDバイトは0x01F2にあります。

5.今回はディスクに1パーティションしかなかったです。なので、0x01C2の42を07に書き換えました。

こんな値があるそうです。
•0x05:拡張パーティション(論理ドライブを格納する)
•0x0F:0x05と同じで、論理ブロックアドレスInt 0x13拡張を使用します。
•0x12:Compaq OEMパーティション
•0xFE:IBM OEMパーティション
•0xDE:Dell OEM パーティション
•0x42:LDMダイナミックディスクパーティション

0x07が書いてないですけど、NTFSという事なので、ベーシックディスクって事でしょうか。

6.「Sectors」→「Write」で、確認のダイアログが表示されるので、writeしました。

で、PCの再起動です。再起動しないと、「再アクティブ化」しても同じエラーになるだけです。


何が原因だったのか、どうしてこれで読めるようになったのかはさっぱりわかっていません。自分がやった事が恐らくとても危険な事だったのだろうという事だけ、わかっています。他の方法でもっと安全・確実に復旧させることが可能だったのかもしれません。もし、どうしても復旧させられない!という時にダメもとでやってみる、というだけにしましょう。これでもうそのデータに二度とアクセスできなくなってもかまわない!っていう時だけに。

よくある文言を書いておきましょう。
ハードディスクのデータをを誤って変更すると、深刻な問題が発生する場合があります。オペレーティングシステムの再インストールが必要になることがあります。ハードディスク上のデータが紛失することもあります。ハードディスクのデータの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。ハードディスクのデータの変更は、自己の責任において行ってください。

前述のITAYAさんはハードディスクの修復サービス・データ復旧等をやっておられるようです。
posted by ほえ at 16:40| Comment(1) | TrackBack(1) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

HDD Regeneratorで壊れたHDDを修復する件

8月末に、この夏の暑さでPCが起動しなくなりました。
何度か途中まで起動したり、デスクトップが現れた時点でフリーズしたりしていたのですが、ついに本当に起動しなくなってしまったので、放っておきました。ディスクのチェックもできないし、バックアップも無理できない状態でしたので。
ちょっと余裕ができたので、新しいHDDを買ってきてOSをインストールしました。最初はマザーボードがいかれたのかと思っていたのですが、どうやらそれは無事のようで。次はどのHDDが壊れてしまったのかチェックしました。当然起動ディスクはだめでしたが、ほかのディスクは大丈夫のようです。ろくにバックアップもとっていなかったのでデータが丸ごと消えるのはイタイ。

そこで、GIGAZINEで紹介されていたソフトHDD Regeneratorを試してみました。お試し版で試してみるも、記事にあるのと同じく延々とプログラムを繰り返し起動してもまったく終わらないので、購入しました。PCを再起動しなくても、autoexecとコマンドプロンプトでプログラムを起動すればよいのですが、もう無理です。疲れました。
なんとも知らない会社なのでクレジットカードで購入はちょっと心配でしたが、買ってしまいました。シリアル番号が表示されます。
HDD Regeneratorのメニューにシリアル番号を入れるところがあるので、そのシリアル番号を入れてみましたが、「期限切れ」のようなメッセージ。すごく心配になりつつも、メニュー経由で新しいシリアル番号の申請をしました。どうも「このハードでしか使えないよ!」というメッセージが出てくるので、ほかのPCではシリアル番号を入れても使用できないようです。作成したFDDやCDも他のPCでは使用できないのかは試してません。CDが焼けないPCにはFDDがついているけれど、CDが焼けるPCにはFDDがついていないとか、面倒くさいことになっていまして。両方ついているPCはLinuxだとか。

さて、1日経つと、メールで新しいシリアル番号が送られてきました。起動用のFDDを作成して、修復開始です。
こわれたHDDが80GB位あるので延々とチェックと修復をし続けています。
ちなみに説明によると、ディスクのデータは壊さないでそのままの状態で修復してくれるそうです。できるのであればバックアップを取るようにとありますが、無理なので、そのまま動かしました。
どれくらいだったか忘れましたが、9時間くらいでしょうか。Conplete!の文字が表示されていました。177個エラーが見つかって、176個修復したとあります。
新しいHDDのPCに接続して、新しい方のOSで起動してみました。ちゃんとファイルが見えました!すばらしいです!!さっそくバックアップと思いファイルをコピーしてみると結構エラーで読めません。チェックディスクをかけてやる事にしました。するとほぼエラーなしです!!バックアップができますよ!!!全部のファイルを検証したわけではないですが、バックアップを取りたかった約65Gのうちバックアップできなかったのは1ファイルだけでした。これはSolaris10のインストーラのDVDイメージでしたから別にいらないです。

という事で、非常に使えるソフトではないでしょうか!困ったときにはオススメです。
posted by ほえ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。