2011年01月18日

香り屋さんのVim 7.3-20110109でエラーが出たので

前に書いた
http://hoehoelinux.seesaa.net/article/169708542.html
と同じようにしてみたら、今度は

...\menu.vim の処理中にエラーが検出されました:
行 122:
E329: "&Print" というメニューはありません

とエラーになった。_gvimrcを削除してもエラーになった。utf-8ではなくてcp932でもえらーになるみたいだから、 runtime\lang\menu_japanese_japan.932.vim の30行目あたりを前回と同じようにしたらエラーにならなくなった。たぶん。
posted by ほえ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | vim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

香り屋さんのVim 7.3-20101111でエラーが出たので


Vim 7.3-20101111 for Windows (32bit VC2008) (約12.0MB) 11-Nov-2010

を使おうと思ったら、起動時に毎回

menu.vim の処理中にエラーが検出されました: 行 122: E329: "&File" というメニューはありません

というエラーが表示されるので、
http://vim.1045645.n5.nabble.com/E329-Error-shows-up-in-LANG-ja-JP-UTF-8-td1193058.html
を見て、runtime\lang\menu_ja_jp.utf-8.vim の30行目あたりを

"menutrans &File ファイル(&F)
menutrans &File &File

としたらエラーが表示されなくなりました。
posted by ほえ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | vim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

PuTTYでvimのタブ切替にCtl+Tabは使えません!

PuTTYで接続してvimを使う時、タブの切替にCtl+TABが使えると良いなと思ったのですが、できませんでした。
PuTTYがCtl+TABを送ってくれていないそうです。
http://stackoverflow.com/questions/736004/creating-a-ctrltab-keybinding-in-putty

http://scnr.net/blog/index.php/archives/61
に「Using Ctrl+Tab in GNU Screen over PuTTY」とあるのですが、PuTTYのコンパイルが必要なようです。

Windowsのキーボードツールで、Ctl+TABが押されたら、:gtを入力というのもできそうですが、他で不便になりそうなのであきらめる。
posted by ほえ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | vim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

_gvimrcをutf-8で書くと怒られるの件

gvimで_gvimrcを編集して保存、:so ~/_gvimrcすると、「なんか間違ってる!」とエラーになって読み込んでくれません。
なんだろうと思ってみてみたら、utf-8で保存すると怒られるみたい。
sjisにすると問題ない。
なんで?と思うわけですがフォントの指定が日本語でした

set guifont=MS_ゴシック:h10:cSHIFTJIS

みたいな。
フォント名を英語で指定すれば問題ないみたい!
http://sites.google.com/site/fudist/Home/vim-nihongo-ban/sample-cfg

で問題はフォントの英語名は何?という事でちょっと調べてくらいではわかりませんでした。MS ゴシックはWikipediaで調べたら書いてありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/MS_%E3%82%B4%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF
で、先ほどお世話になったサイトによるとフォント名内のスペースはアンダーバーにすればよいのですね。\でエスケープしてもいいみたい。

他のはどうやって調べたらよいのかしら??
posted by ほえ at 19:34| Comment(3) | TrackBack(0) | vim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

Vimからphpの.chmヘルプの関数のところを開く件

hh.exeで.chmヘルプファイルの指定のページを開ける事がわかったので、
ここからヘルプファイルをダウンロードして、
http://www.php.net/download-docs.php

こちらを参考にさせて頂いて、
http://d.hatena.ne.jp/Seasons/20070207/1170534487

こんなのを_gvimに書いてみました。

function! Win32Help(topic)
let fname = 'd:\man\php_manual_ja_20071207.chm'
" execute "!start hh " . fname . "::/ja/function." . substituce(topic, "_", "-", "g") . ".html"
silent! execute "!start hh " . fname . "::/ja/function." . substitute(a:topic, "_", "-", "g") . ".html"
endfunction
command! -nargs=1 Win32Help call Win32Help()
nmap <S-F1> :call Win32Help(expand('<cword>'))

phpの関数の部分しか開けませんが。

がカーソル下の単語だというのを知りました。

chmを開くのに、str_pos()とかの_を-にしないといけないので困りました。
最初Shift+kで、ヘルプが開けるんだ!という事で
"set keywordprg=hh\ d:\\\\\man\\\\\php_manual_ja_20071207.chm\ ::/ja/function.{substitute("", "_", "-", "g")}.html&
こんなにしたら、エラーになってだめでした。

\を5個も書かないといけないのもわからなかったです。
{}の中に書けば展開してくれるのかと思いきやだめだったり。
あと、コマンドプロンプトが開いてそこから.chmが開いて、そのコマンドプロンプトと.chmを閉じるまでVimが操作できなかったり…。

関数を定義すれば良いのですね。ほんとは1行で書ければそれに越したことはないのですけれど…。
posted by ほえ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | vim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

ファイルをダブルクリックでvimで新しいタブで開く

ツール->フォルダオプション->ファイルの種類->txtとかで、詳細設定。
「詳細設定」ボタンが「元に戻す」になっていたら、「元に戻す」クリックして、「詳細設定」。

「新規」で、
アクション:vimで開く
アクションを実行するアプリケーション:"C:\vim72-kaoriya-w32j\gvim.exe" "--remote-tab-silent" "%1"
にすると、ファイル右クリックでコンテキストメニューに「vimで開く」が出てくる。
開くとvimの新しいタブでファイルが開かれる。

open」とか「ファイルの種類の編集」でbold表示されている規定の動作を上記設定にするとダブルクリックで、新しいタブでファイルを開く。

オプション「--remote-tab-silent」を""でくくらないと、「バッファに行がありません」とか言われてファイルを正しく開けない。…ような気がする。
posted by ほえ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | vim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。