2010年06月24日

ハングルが文字化けしています!の件

データベースにハングル日本語が混在して登録されていて、データをエクスポートして、テキストエディタで見たらハングルが文字化けしていました!

テキストエディタのフォントを

Arial Unicode MS

にしたらちゃんと表示されましたよ。

メモ帳だとMS ゴシックでもハングル表示されるんですけど。
秀丸はフォントをArial Unicode MSにすればOK。
さくらエディタはフォントにArial Unicode MSが選べない。
EmEditorはMS ゴシックでもOK。

さくらエディタはUnicode版でないから?

なんだか難しいなぁ。文字コードとかフォントとか。
posted by ほえ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

Windows PowerShellで開く

http://hoehoelinux.seesaa.net/article/20968601.html
と同じようにエクスプローラで右クリックして、その場所でWindows PowerShellを開きたい!

レジストリキー
HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\OpenNew2

を追加します。値は「PowerShellで開く」。

HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\OpenNew2\Command

キーを作成します。値は
c:\windows\system32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe -NoExit -Command "Set-Location ""%l"""

です。

最初
%SystemRoot%\system32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe\v1.0\powershell.exe -NoExit -Command "Set-Location ""%l"""

とか、
powershell.exe -NoExit -Command "Set-Location ""%l"""

とかやったらダメだった。%PATH%に設定してあってもダメなのね。
posted by ほえ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

垂直タブ \v 0x0B

何に使うのかと思っていましたが、こんな使い方もされているようです。

FileMaker Pro では…



  • フィールド内のタブは、スペースに変換されます。

  • フィールド内の改行文字は、垂直タブ文字としてエクスポートされます。

  • 繰り返しフィールド内の値は、グループの区切り文字で区切られます。


ですって。ここに書いてありました。
posted by ほえ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

コマンド・プロンプトで開く

レジストリキー
HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\OpenNew
を追加します。値は「コマンド・プロンプトで開く」。
HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\OpenNew\Command
キーを作成します。値は
cmd.exe /k "cd %L"
です。

コレは、エクスプローラでフォルダを右クリック->その場所でコマンドプロンプトを開くための設定です(2006/07/21追記)。
posted by ほえ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

インストーラ作成 VisualStudio .NET2003 インストールフォルダの取得の件

前にも悩んだ記憶のある、カスタム動作でインストール先のフォルダ名を取得する方法です。

セットアッププロジェクトの「カスタム動作エディタ」でカスタム動作のプロパティの「CustomActionData」を使って値を渡します。プロパティウィンドウで書くしかないようなので、せまくてやりにくいです。
/installdir=[TARGETDIR]

ここで「installdir」はなんでもいいです。カスタム動作で値を探すときのラベルでしかありません。「[TARGETDIR]」は「Windowsインストーラのプロパティ」です。

カスタム動作のプロジェクトで
MessageBox.Show(this.Context.Parameters["instdir"].ToString());

なんてやると取得できているのがわかります。

この[TARGETDIR]は
MSDN Japan Home > MSDN Library Japan > Visual Studio .NET による開発 > アプリケーションとコンポーネントの配置 > 配置の概念 > 配置のダイアログ ボックス > [インストール フォルダ] ユーザー インターフェイス ダイアログ ボックス
などで出てきます。

他の「Windowsインストーラのプロパティ」は日本語では見つけられませんでした。英語で
Administration and Management > Administration and Management > Application Installation and Servicing > Windows Installer > Windows Installer Guide > Properties > Property Reference
の中にありました。

これらのプロパティは大文字小文字が区別されます。[TARGETDIR]はいいですが、[TargetDir]はダメです。空の値が返されます。

複数渡したいときはスペースで区切ります。
/instdir=[TARGETDIR] /hard=[Intel] /tt=[Time]

MessageBox.Show(this.Context.Parameters["instdir"].ToString());
MessageBox.Show(this.Context.Parameters["hard"].ToString());
MessageBox.Show(this.Context.Parameters["tt"].ToString());


インストーラの作成(配置プロジェクト)については
ここら辺とか、
MSDN Japan Home > MSDN Library Japan > Visual Studio .NET による開発 > アプリケーションとコンポーネントの配置

こことか。
MSDN Japan Home > MSDN Library Japan > Visual Studio .NET による開発 > リファレンス > 開発環境のリファレンス > ユーザー インターフェイス リファレンス > Visual Studio > 配置

posted by ほえ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

依存ファイル(.dep)の置き場所 VB6.0のディストリビューションウィザードの件

ほんとうーに今更ながら、やっとわかりました。
今までまともに調べていなかったのです。
依存ファイル(.dep)の置き場所についてです。
サードパーティのOCXなんかを使ってVB6.0でプログラムを作成し、ディストリビューションウィザードでセットアッププログラム(パッケージ)を作るときに、OCXの依存ファイルが記述されている.depファイルがついてくることがありますが、これはOCXと同じ場所に、拡張子前のファイル名がOCXと同じになるようにしておいておく必要があるのでした。
要は、
MyOCX.OCXというOCXだったら、MyOCX.DEPというファイル名にして、同じディレクトリに置くと。
そういうことです。
VB6.0のマニュアルには全然書いてなかったんだもん。

ファイル名が大切と書いてあります。場所については言及無し。
http://support.microsoft.com/kb/178354/en-us(英語)
これはSetup.lstについての情報
http://support.microsoft.com/kb/189743/JA/
なんかが参考になるでしょうか。

まあ、もう、使わない話だと思いますけどね。
posted by ほえ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ビデオキャプチャ

これはVideo for Windowsなのでしょう。VB6の場合です。昔の話。
lcvhWnd = capCreateCaptureWindow("Capture Window", WS_CHILD Or WS_VISIBLE, 308, 38, 160, 120, Form1.hwnd, 0)
'キャプチャ ドライバを常駐する
ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_DRIVER_CONNECT, 0, 0)
If ret = True Then
MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
End If

'ハードウェアオーバーレイが利用できる場合
'ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_SET_OVERLAY, 1, 0)
'If ret = True Then
' MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
'End If

'
'ハードウェアオーバーレイを使用せずにプレビューを利用する場合
ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_SET_PREVIEW, 1, 0)
If ret = True Then
MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
End If
'フレームレート設定(これをやらないと静止画になっちゃいます)
ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_SET_PREVIEWRATE, 30, 0)
If ret = True Then
MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
End If
'キャプチャサイズと表示エリアのサイズが違うときぴったり収まるようにします
ret = SendMessage(lcvhWnd, WM_CAP_SET_SCALE, 1, 0)
If ret = True Then
MsgBox "Error WM_CAP_DRIVER_CONNECT" & " " & ret
End If
こんな感じでした。
MSDNを見るときはグラフィックおよびマルチメディア->Windowsマルチメディアを見ましょう。
posted by ほえ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

マウスカーソルを表示しないようにするには?

ShowCursor() Win32APIでカーソルを表示したり、表示しないようにしたりできるのですが、これはそのアプリケーションについてのみなのです。たとえばデスクトップにマウスカーソルがある時はShowCursor()で設定した値がどうであろうともマウスカーソルは表示されてしまうわけです。コンソールアプリケーションを作って一行
while(!ShowCursor(FALSE));

なんてやったら消えないのです。
いったいどうすれば…ふらふら。デスクトップに対してShowCursor()できればいいのかなと思ったりするんですが、いったいどうすれば…もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ほえ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。